きんいろモザイクPretty Days

観てきた。

ネタバレのない感想をひとことで言うと、
アニメ版では描けないシリアスといつもの雰囲気が絶妙に混ざっていて、楽に見られる映画でした。
あとあややが可愛すぎ。
きんモザファンなら満足するんじゃないかしら。
というかきんモザファンは文句とか言わなさそう

以下、さっそくネタバレします。

 

 



 

 

高2の学校祭を控えた5人。忍・綾・カレンのクラスは劇をすることに。
そんな中、綾はふとした会話から自分が忍にどう思われているのか不安に思う。
陽子のように小学校からの長い付き合いでもなければ、アリスやカレンのように金髪でもない。

綾の陽子への想いがネタ的に描かれることは数知れずあるけど、
忍に対しても親友でありたいという気持ちが強いんだ、というのは初めて知った。
やっぱりあややは悩める乙女。そこがかわいい。

 

物語の中盤はそんな綾の回想。中学3年の夏、高校受験を控えた綾はレベルの高いお嬢様学校を目指すことに。
ただまあ、忍・陽子と離れてしまうのが嫌でなんだかんだあり、結局2人に合わせて進学先を変える。
この3人が同じ高校に通っているのは知っているので、ハラハラドキドキの展開というわけではないけれど
むしろ変に心配をする必要がなく、気楽に見ることができた。
こういう真面目な話も入ることで、単に2倍の尺の日常系アニメではない感じがして映画っぽかった。

ちなみに、5人が通う高校名(もえぎ高校)が出てきたのは初めてだよね。
あと綾の目指してた水蓮女学院って「わかば*ガール」でも言及されてたんだね。
サラッと新情報が出てきたりするのは映画を見た人への特権だな。

 

そして綾の回想は終わり、話は学校祭に戻る。
主役が急に倒れたーというお約束の展開から綾が急きょお姫さま役をやることに。
しかしカレンが台詞をド忘れしアドリブをかまし、なんやかんや陽子・アリスや烏丸先生も飛び入りすることに。
アドリブでハチャメチャになったストーリーは結局どうなったんだろう。
元がどういう話だったのかはよく分からないけど、玉乗りはさすがに回収できないんじゃ・・・
忍がなんとか脚本を書き換えてうまく収めたのかもしれないけど、
その辺をボカして大成功でしためでたしめでたしーと締めたのはちょっとズルいかなーとは思った。
まあでも学校祭が本質ではないってことだね。アリスと陽子のクラス展示なんてさらーっと流れていったし。
あくまで学校祭は回想に導くためのきっかけということで。
ただ、忍に物語を作るセンスがあることは1期最終話でのミュージカル?から明らかになっていたので
そんな忍がどんなお話を書いたのかなあとは気になる。
今まで描かれていなかった部分を知ることができるのはファンとしては嬉しい。

 

話の本筋とは関係ないけど、インタビューで言っていたアドリブというのはやっぱり「そわそわダンス」でしたね。
インタビューを事前に読んでいたので、このシーンを見た瞬間に「あ、ここのことかな?」という気はしたけど
パンフレットでちゃんと語られてた。
カレンはともかく、アリスはそんなことしないでしょ!と思ったけどクネクネしてる姿は可愛かった。

 

思い出すと、全編を通してみんなとにかく可愛かったという言葉に尽きる。
それは見た目とか動きも当然なんだけど、彼女たちの内心に抱えていた悩みや想いが愛しい。
そういうコミカルでない一面を見ることができたのは映画ならでは。とても満足だった。
もっと5人のことを知りたいので、ぜひ、ぜひこの調子で3期もお願いできませんか・・・

それと、ゆゆ式のスペシャルエピソードはいつですか・・・

ステラのまほう

今期のきらら枠である「ステラのまほう」、同人ゲームが気になる立場としては毎話楽しく見てるんだけど、曲まわりがちょっと謎。

きららといえば、メインキャスト4人くらいでユニットを組んでオープニングかエンディング、もしくは両方を歌うのが当たり前だと思ってたのだけど、ステラのまほうはなぜか違うのね、びっくりした。
オープニングは下地紫野の「God Save The World」
茶道部員で出演はしてるけどそのポジションの人がOP歌うのは意外。(そうでもない?)

 

そしてエンディングは一応ユニットなんだけど、ほとんど歌わないっていう不思議な曲。
違うタイプのアニメにありそうなんだけど、これきららだよね!?とつい思ってしまった。
しかも楽曲はサントラに収録されるようでシングルでの発売はしないらしい。

なんというか謎だなあと。両曲とも良いとか悪いとかじゃなくて、セオリーを崩してきたことに意味があるのか、それとも何らかの事情があるのか、と気になって仕方がない。
もしかしたら既にどこかで言及されてるのかもしれないけど、他にも気になってる人がいるんじゃないかな。

「デレステSSR所有率」がバズった(死語)

「バズる」って単語、最近あんまり見ないけど消えたんですかね。
好きな言葉だったんだけど・・・

1週間ほど前に「デレステSSR所有率」(http://piniky-lab.net/cgss/chara/index.html)を公開して以来、1日数十人程度に利用してもらっていたのが、
9/29の夜ごろからTwitterのトレンドに上がり、突然アクセスが増えた。
screenshot_20160929-213903

記念のスクショ。
こんなことは二度とないだろうから大切にします。

じわじわ使ってもらえればいいかなと思って作ったのが、こうして一気に陽の目を浴びることになるとは。
ちょうどシンデレラフェスの期間だったからっていうのもあるでしょうね。
(ちなみに自分は50連で1枚(しかもカブり)しかお迎えできず・・・)

今は嵐が過ぎ去ってアクセスも一段落したけれど、
これだけのトレンドになったのは、やっぱり「デレステ」というコンテンツがたくさんの人に愛されているという証拠。
次に作りたいものとかは考えていないけど、何かデレステ関係で面白いもの、役に立てるものが作りたいなあとぼんやり思ってます。
あと、これからも保守ガンバリマス。

「デレステSSR所有率計算機」作った

http://piniky-lab.net/cgss/chara/index.html

0924

 

グラブルのこれっぽいのを見たことがあって、デレステ版ないんかーと思って探したけどなかったのでそれっぽいものを作った。
web系ほとんど分からなかったけど、なんとか形になった気がする。
jQueryとかbootstrapとか作った人に圧倒的感謝。
自分はデザインとか苦手なので、特にbootstrapみたいな「適当に作ってもそれっぽくなる」サービスはありがたい。

まあ持ってるSSRなんて数えれば計算なんて簡単だろうけど、
ツイートするときに生成されるURLを開くとチェック状態が復元されるので
「どのキャラ持ってるよー」という使い方もできるんじゃないんですかね。

フィルタリングが属性とガチャ種別だけなのでもっと増やしたいなあ。
あったら便利な絞り込み要素ってなんだろう。

君の名は。感想②

映画「君の名は。」のネタバレがあります。
逆に小説版、漫画版はまだ未着手なので、それらのネタバレはありません。

 

 



 

個人的には、とても好きなテイストの映画だったのでもちろん満足だったのだけど、
(見た人なら分かるであろう)時間のトリックのせいで途中???が浮かんだ場面もあり
2回目がついつい見たくなり行った。
そしてなんだかんだで人を誘って3回目も見た。
2回目、3回目を見て思ったことを書き出す。
観察力が足りないよ!とか、それは小説(漫画)読んだら分かるぞ!とかいうこともあるだろうなという気はする。
 

瀧くんの顔のケガ

三葉がはじめて瀧くんと入れ替わった日、瀧くんの顔にはケガがあった。
奥寺先輩がそれに言及するシーンはあったのだけど、あれは結局なんだったのだろう。
三葉と対照的に男らしい性格、というのを印象づけるため?だけでいいのかな?
 

瀧くんと建築

瀧くんが記憶を頼りに描いた糸守の風景、あれはよかった。(高山ラーメンのおじさん並みの感想)
そういえば、美術の時間に机を蹴り飛ばした時に描いてた建物の絵もかなり上手だったなあと。

パンフレットによると、瀧くんは建築に興味があったらしい。
それを踏まえて3度目を見ると、たしかに彼が就活で訪れていた会社には「建設」の文字が見えた。
ただ、建築押しが弱くない?
そういうパーソナリティがあるならもうちょっと序盤で描いてくれてもよかったかも。
パンフレット読むまで気づけなかったのはもったいなかったなあ。
 

てっしーの想い

てっしーくん、最後はサヤちんと結婚することになったのだけど、
パンフレットには「三葉のことが気になっている」という記述が。まあ確かにそれっぽい感じはあったよね。
自分もあのクラスにいたらああいう可愛い子気にならないはずがないもん。

サヤちんの欄には「勅使河原に想いを寄せている」って書いてあったので、彼女から見てこの結末はまあ問題ないとして、てっしーはどういう気持ちだったのかなーと気になる。
3人とも、高校を卒業して東京に行ったのだろうけど同郷どうしきっとつながりはあるよね。
あるとするならば、なぜそっちの2人が結ばれたのかなあと。
てっしーくんの心の変化とか、その辺のイベントを後日談としてすごく見てみたい。
 

消えた日記

瀧くんが使ってた日記のアプリ、序盤で見る限りは三葉が書いたエントリと瀧くんのとがごちゃ混ぜに表示されていたのだけど、
糸守の荒廃した風景を見た時に日記を開いたら全部消えちゃったところ、
あれって瀧くんがもともと書いてたものもあの時消えちゃったのかな?
それって筋が通らなくない?とちょっと思った。
三葉の分だけフィルタリングしてて表示されてなかったのかなとも考えたけど、
そうだとすると「新しいアカウントを作成」というダイアログが出るのは変な仕様だよなあと。
 

いつから互いが好きということになったの?

奥寺先輩とのデートの帰りに「好きな娘がいるでしょ?」と聞かれたときの反応を見ると、意識してるんだなあとは思ったけどあの時はそんな大好きってほどでもなかったでしょ。
でもいつの間にかかけがえのない存在みたいになってた。
(話はそれるけど片割れ時の「大変だったよ、お前遠いところにいるから」みたいなセリフすごく好きだった)
時系列の行き来が複雑なせいもあって、2人の恋心的なものの変化を追えなかった。
そりゃああんなことがあったらお互い好きになるよなあというアニメオタク的な常識は持ち合わせているので
違和感は抱かなかったけど、「あの男(女)はー!!(怒)」とか言ってた頃からデレるまでの心の変化を見たかったなあ。

このエントリでも前のエントリでもいろいろ書いたけど、ここが一番掘り下げて欲しいポイントだな。
ここ見せられたらガッツリ泣いてしまいそう。
 

同性にモテる三葉

三葉(中身瀧くん)が女子にもモテてたくだり、結局何が言いたかったんだろう?
(三葉も奥寺先輩とうまくやっていたことから)お互いに入れ替わったほうがモテるじゃんっていうことなのだろうけど、
結局それは前半のコミカルな描写のひとつに過ぎない?
それともなにか深い意味があるのかなーという気もするしそうでない気もする。


自分の性格上、新海監督の作品を見るとどうしても「後日談」が見たくなってしまう。
おそらく公式にそういうものは出ないだろうし二次創作で誰かが書くんだろうけど、まだ調べてない。
探してみたいような、でも世界観が壊れるのが怖いような、複雑な気分。
そんな中Twitterで見かけた面白い「その後」の一幕を紹介して〆る。