君の名は。感想

「君の名は。」を見てきた。
個人的には今までの新海作品の中で一番好み。
あいかわらず映像はキレイだし、東京の町並みは本物そっくりだった。
以下、ネタバレします。

 

 




核心となる設定

心と体が誰かと入れ替わるっていうのはよくある設定で、タイムリープするのもまたよくある設定なんだけど、それらが合わさってくるかあ、と。
前者の設定はテレビCMやあらすじなどで明記されていたけれど、後者の設定は隠されていたので、ラーメン屋のシーンでハッとさせられた。
入れ替わりものに総じて言えることだけども話がコミカルで、前半は楽しく見ていられた。神木くんの女っぽい声色好きだったなあ。反面、三葉に瀧くんが入った時は、言葉遣い以外の違いがあんまり感じられなかったかも。

切ないポイント

この映画、泣ける場面は多々あるけれど、個人的に刺さったのは奥寺先輩と司が旅館で話してる場面。

奥寺先輩が、「最近の(三葉が入ってる時の)瀧くんが好きだった」って言ったとこ、先輩が瀧くん好きだったのは嬉しいけど、それは本当の瀧くんを見てくれてるわけじゃないんだよなあ、と瀧くんの不憫さに涙が出てしまった。

場面転換

もし突然他の人と人生が入れ替わったりしたら、何もわからずとても生活してられないはず。
ただ、ここをあんまりリアルに描きすぎてしまうと話が進まないのでアニメ特有の省略が効かせてある。
(一番混乱があったであろう)入れ替わり一日目の様子は、双方とも「昨日は○○だったね」という友人からの説明で済まされて、面倒な説明はなし。

他にも予告無しに場面(劇中時間)のジャンプがたくさん使われてて、後からなるほどと思うケースも多い。なんとか話にはついていけるからセーフかな。

こういうやり方、なんともアニメらしくて好き。

時空のズレ

結局、彼らが入れ替わってた世界は3年ズレていたということなのだけど、なぜ彼らは互いが住んでいる時間が違うことに気づかなかったのか、という意見は面白いなあと思った。確かに、生活に慣れて状況を把握していくうちに気づくだろ!と思わなくもない。

夢が覚めると忘れる、という性質のせいにして片付けていい…のかな?

すきだ

映画が終わったあと後ろの女性二人組が、瀧くんが三葉の手に「すきだ」と書いたのはしらけるよねーと言っててなるほど、と。自分はとてもロマンチックだなあと思ったけども、確かにそうか。
ここは「君の名」が後で分からなくなるために必要な演出ではあるので、あれがベストなやり方だったんじゃないかなあと。

ちなみに、その次に三葉が瀧くんの手に名前を書こうとしてペンが落ちる描写はかなり好き。音楽がバチッと消えて「片割れ時」が終わったんだとハッとさせられた。

 

ユキちゃん先生

パンフ読むまで気づかなかったけど、古典を教えていたユキちゃん先生は「言の葉の庭」に出てきていた教師と同一人物らしい。

言の葉の庭も好きな作品だったのだけど、こんなところでリンクしていたとは。

 

とりあえず今思いついたのはこれくらい。

もうちょっと反芻して味わいたいな。

paizaの本気を見た

paizaがやってるPOH(Paiza Online Hackathon)に新しいシリーズが。

その名も、

恋するハッカソン〜君色に染まるアイドル〜

前回は自分好みの彼女を作るというコンセプトだったけど、今回は「プロデューサーになってアイドルを育てる」というありがちなコンセプト。

でも驚いたのが、今回はヒロインにボイスがついててテーマソングもある!

豪華すぎですよ・・・(感激)

 

そのテーマソング「キセキ☆フラグ」がなかなか素晴らしい。

いかにも二次元アイドルです!って雰囲気で好き。

サビがⅠ→Ⅶm7-5(※)→Ⅲ7の叙情的なコードからの、Ⅳ→Ⅴ→Ⅲm→Ⅵmの王道進行。

Ⅰ→Ⅶm7-5→Ⅲ7→Ⅵm→Ⅴm→Ⅰで一連のセットだと思っていたのだけど、後半部分がこう派生することもできるのね。

 

ありがたいのが、インストバージョンだけでなく各楽器パートごとのトラックまで準備されてる!

編曲の勉強に使わせていただこう。

 

 


(※)配布されているコード進行ではⅡm6となっていた。

両者は構成音が同じだけど、前述のとおりⅠ→Ⅶm7-5→Ⅲ7→Ⅵm→Ⅴm→Ⅰがテンプレートだと思ってるのでこっちで書くほうが良いんじゃないかとも思うけど…

フルもPUNCHが効いてる「PUNCH☆MIND☆HAPPINESS」

90秒版を聞いた時の感想→PUNCH☆MIND☆HAPPINESS

 


気になってた「PUNCH☆MIND☆HAPPINESS」(Happy Clover)のフルを聴いた。

なんというか、あの田中秀和さんなので変化球が来そうな気はしてたけど、こんな変化してくるかーと驚き。

 

90秒付近まではアニメ版と同様だからいいとして…と思ったら、サビ終わりに(たった!)1小節のつなぎを挟んで休むことなく始まる2番。

2番で塞翁さん出てきたなー平和だなあー…と思ったらBメロには行かずにクールダウンの間奏!

 

そしてその後は、イントロと同じ「PAN-PAN PUNCH☆MIND」をひたすら繰り返すんだけど、

「もう一声だ」とか「はいはい最後の」とか、歌詞のバリエーション豊富でくどさを感じにくい仕様。

 

そんな「PAN-PAN PUNCH☆MIND」リピートの裏では、キーがF→Ab→Eとコロコロコロコロ転がってる。

でも最終的には元の半音下のEに着地して、落ちサビへの布石をちゃっかりと。

この、落ちサビで下に転調してラストで戻す、っていうテクニック、けっこう好き。

このテクニックの詳しい説明は、自分が言わなくてもとっくに解説されてたのでそちらを参照ください。

いちにの: 田中秀和さんの「落ちサビ転調」を聴いてみよう

 


いやあ、前記事で書いたように90秒の中にも面白い要素がたくさんあったのに、さらにフル版では構成をひねってくるとは…

なんだかんだいってもアニメのOPなんだから、普通に「ABサビABサビ・・・」といくかな?と思ってたけど全然そんなことなかった。こんな構成は初めてだよ…

自分のような凡人には刺激の多い楽曲でした。(つくづく凡人並の感想)

 

WordPressでのユーザーの管理

WordPressは複数ユーザーでサイトを運営できるよう、各ユーザーがアクセスできる範囲を制限できて、すべてのユーザーは「管理者」「編集者」「投稿者」「寄稿者」「購読者」に分類される。

けれどもこの分類だと、ザックリすぎてちょうどいい設定ができないことがある。

例えば誰でも編集できるポストを作りたい場合、他のユーザーの投稿を編集できる「編集者」以上の権限が必要なのだけど、「編集者」だと権限が多すぎる、ということもあるかもしれない。

前々から不便な仕様だなあとは思っていたのだけど、「User Role Editor」というプラグインを使えばこの問題が解決されそう。

ユーザーの種類と権限

このページを参照すると、実はWordPress内部では5段階のユーザー設定よりももっと細かい権限が存在するようで、User Role Editorを使えばこれら1つずつを個別に設定できる。

 

wp

↑User Role Editorを導入した画面。かなり細かい項目を自由に選択できる。

 

「投稿者ができる行動」+「ページを削除できる」「他ユーザーの投稿を編集できる」など、細かい行動について適切に設定すれば無用なトラブルを避けることができそう。

検索すれば日本語化もできるっぽい。(ただし若干変な日本語になるっぽい)
WPプラグイン User Role Editer 4.19.2 の日本語化

harmony ribbon

 

発売から1ヶ月以上経ってるけど、水瀬いのりの「harmony ribbon」に今さらハマる。

 

ハ長調でサビはカノン進行というかなりシンプルな曲なんだけども、びっくりしたのは最後。

伴奏はサビと同じカノンの繰り返しで「ラララ~」が入るタイプのアウトロ。

2回目でうわあ高い声出すなあと思ってたら、3回目のフレーズで高いファまで出してた!あれを地声(と言っていいのかわからないけども)で出せるあたり、やっぱり彼女すごいよなあ。安っぽい感想だけど。

 

あんな感じの、高いけど芯のある女声大好き。最後の部分を聞くためにこの曲聞いてると言っても過言ではないかもしれない・・・